病院内で働くたくさんの看護師たち。
この看護師たちもただ漠然と業務についているわけではありません。
各診療科ごとに、その部署の看護師たちをまとめ、新人の教育や看護師たちの意見を吸い取るといった仕事を行なうのが看護師長(婦長)などです。
では具体的にどんな仕事を行なっているのかについてまとめて行きましょう。

・看護部全体の目標や計画を立てる
看護師一人一人が患者さんに対して立てる治療目標や計画などの最終確認を行います。
また、看護部全体としての目標や計画を立てて、看護部全体に浸透するようにして実行に努めます。

・看護部門のいろんな改善点などの改善
看護部門から出るいろいろな改善点や問題点などをしっかりと把握し、改善策を立て、病院全体の処遇改善の反映をさせていきます。

・新人看護師、部下の教育
まだ職場に慣れていない看護師たちに、職場や仕事内容を覚えさせるための研修を行なったり、仕事に慣れたような部下なども定期的に研修会や会議を行なうなどして、看護師の教育を実施しています。

・看護師の人事管理、業務管理
勤務シフトの作成を行なったり、突然の欠員が出た場合に誰かを変わりに勤務させるなど看護師全体の勤務状況の把握や、看護師一人一人の業務に関してしっかりと把握しておく必要があります。

・医療事故防止の責任
看護師はちょっとした仕事上のミスが人の命にかかわってしまうこともあります。
そういった事故が起きないように、業務内容の見直しや看護師一人一人の心身の状態などをチェックする必要があります。

・他部署との連携
看護師は患者さんの看護だけが仕事ではありません。
医師や薬剤師、リハビリテーション部門、患者の家族などとも綿密に連携をとる必要があります。
こういった仕事をしていくことで、看護部全体の士気が高まっていく手助けをしているのです。

婦長(看護師長)は、企業で言えば各部署をまとめる部長のような役割を果たしています。
看護部で働いている看護師、一人一人の特性やスキル、心身の健康状態を常に把握しながら、医療事故が起こらないように配慮したり、看護部全体からでた問題点などを改善させるために時には他部署と連携を図ったりと非常に中間管理職としての役割が強いです。
また、看護師は非常に女性が多く、同じ看護部内での人間関係の悪化や若手とベテランの考え方の相違などを汲み取って、中立的に纏め上げていく仕事もしなくてはなりません。

だからといって婦長としての仕事だけをしていればいいかといえばそうではありません。
看護師は慢性的な人手不足に陥っているため、婦長業務の合間は通常の看護師としての仕事も補充していかなくてはならないのです。
ですから、婦長として仕事をしていくためには、いろんな意見を汲み取って纏め上げていく柔軟さや、部下が失敗したときには言い訳せず謝ることのできる強い責任感が必要だといわれています。
婦長になるためには特別な資格は必要ありませんが、求められる仕事量の多さが心身にのしかかってくるのが大きな悩みといえるでしょう。
また、今看護師は慢性的な人材不足の状態にありますが、その中で、新人看護師が1年以内に退職してしまう割合も増えてきているようです。
その原因として、看護学校で習ったことと実践のギャップの大きさや、看護師として働いていくことへの不安が上げられます。
こういった不安を抱えつつ辞めていく看護師を、一人でも減らすための教育をしていくことも婦長としての仕事だと言われており、非常に肉体的にも精神的にもハードな仕事であることが婦長の仕事上の悩みといえます。

婦長ならではの悩みやストレスは、心身に大きな負担を与えます。
それをうまく解消できる人であればいいですが、無理をし過ぎて体を壊してしまう人もいます。
あまりにも酷い労働環境で耐え切れないのであれば、せっかく婦長になるまでのキャリアがあるのですから転職の道を選ぶのもいいと思います。
婦長だから転職してはいけないということはありません。
むしろ、そのキャリアやスキルを考えれば、多くの病院が欲しがっている人材でもあります。
看護師専門の求人サイトなどに、非公開求人として婦長クラスの看護師の求人が掲載されていますから、悩んでいたらとりあえず登録してみるといいと思います。