今や看護師の世界は女性ばかりではなく、男性も増えてきました。
看護師の仕事は非常にハードで力仕事などもあることから、男性でも活躍できる場面が非常に多いのです。
また、医療分野や福祉分野の仕事は、通常の仕事とは異なり世の中の不況に左右されないというメリットも多いため、安定して働きたいという男性にも最適な仕事です。

ではそのような男性看護師たちにも師長(婦長)の仕事はできるのでしょうか。
一般に今まで看護業界に女性が多かったひとつの理由として、男女の性別による思考回路の違いなどが上げられました。
女性は昔から出産や育児を経て、言葉を発することができない人などの表情などから相手の訴えたいことを察知する能力に優れていると言われています。
男性はどちらかといえば合理的な考え方をしていて、微妙な表情やしぐさを読み取るのは苦手と言われてきました。
今ではその性差も少なくなり、男性でも微妙な表情の変化などを汲み取ることができる人が増えてきましたが、看護師全体からすれば男性はまだごくわずかにしか過ぎません。
看護師長(婦長)にもとめられる能力やスキルなどで最も大切なのは、一緒に働いている看護師たちが心地よく看護業務ができるように環境を整えていくことです。
そのためには、看護師全体や時には他部署ともコミュニケーションを図らなければなりません。
また、看護師一人一人のスキルや能力、特性や心身状態も常に把握している必要があります。
その上、看護した方の信頼も得る必要があるため、こういった細やかな仕事はやはり男性より女性のほうが適しているようです。
男性にはできないというわけではありませんが、男性が婦長の立場の仕事をするには相当の努力が必要と言えます。

Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

required