婦長の仕事のひとつに、新人や部下などの教育があります。
新人看護師は看護師になるための勉強をしたあと、看護師の国家試験を経て晴れて看護師になったわけですが、社会的な経験はほとんど積んでいません。
そのため、資格を取ったばかりの若い新人看護師の場合は、社会人としてどうあるべきかというところから教育していく必要があります。
社会人としての教育が終われば、病院内の仕事内容や、病院で働くにあたって必要なことを学んでいきます。
一見看護業務とは無縁のような作業ですが、ここがしっかりできていなければ仕事をしていてもうまくみんなと合わせていくことができないので、しっかりと教育する必要があります。

また、近年は慢性的な看護師不足による看護の質の低下も懸念されています。
看護師の仕事は人の命や健康を預かるとても重要な仕事です。
ちょっとしたミスや、連携不足などから患者さんの命にかかわる場合もあります。
ですから、そういった医療事故などが起こらないようにするためにも、仕事に慣れてきた中堅看護師も時折教育する必要があります。
若手も、部下も、看護師としての責任や向上心をしっかりと持たせつつ、病院という組織の中でいかにチームワークやコミュニケーション能力を生かして働けるか、また、看護師たちが仕事で扱っている命がどれほど大切なものなのかを学びつつ、立派な看護師へと成長する手助けをするのが婦長の役割ともいえます。

Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

required