病院内で働くたくさんの看護師たち。
この看護師たちもただ漠然と業務についているわけではありません。
各診療科ごとに、その部署の看護師たちをまとめ、新人の教育や看護師たちの意見を吸い取るといった仕事を行なうのが看護師長(婦長)などです。
では具体的にどんな仕事を行なっているのかについてまとめて行きましょう。

・看護部全体の目標や計画を立てる
看護師一人一人が患者さんに対して立てる治療目標や計画などの最終確認を行います。
また、看護部全体としての目標や計画を立てて、看護部全体に浸透するようにして実行に努めます。

・看護部門のいろんな改善点などの改善
看護部門から出るいろいろな改善点や問題点などをしっかりと把握し、改善策を立て、病院全体の処遇改善の反映をさせていきます。

・新人看護師、部下の教育
まだ職場に慣れていない看護師たちに、職場や仕事内容を覚えさせるための研修を行なったり、仕事に慣れたような部下なども定期的に研修会や会議を行なうなどして、看護師の教育を実施しています。

・看護師の人事管理、業務管理
勤務シフトの作成を行なったり、突然の欠員が出た場合に誰かを変わりに勤務させるなど看護師全体の勤務状況の把握や、看護師一人一人の業務に関してしっかりと把握しておく必要があります。

・医療事故防止の責任
看護師はちょっとした仕事上のミスが人の命にかかわってしまうこともあります。
そういった事故が起きないように、業務内容の見直しや看護師一人一人の心身の状態などをチェックする必要があります。

・他部署との連携
看護師は患者さんの看護だけが仕事ではありません。
医師や薬剤師、リハビリテーション部門、患者の家族などとも綿密に連携をとる必要があります。
こういった仕事をしていくことで、看護部全体の士気が高まっていく手助けをしているのです。

Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

required